[進む"

NNC3

  Photo     Blog     Mobile     Mail

宮 崎
沖 縄
鹿児島
大分南
熊本南

地域スタッフ募集

NNCふるさとShop

Support

アンケート説明

原発立地アンケート

NNC 会員登録

Mobile-HP

E-mobile

スカイプ

グループメンバー

協力スタッフ登録

グーグル共有画像

スマートフォン

ツイーター

らくらく連絡網登録

福 岡
長 崎
佐 賀
大分北
熊本北


 農業

 種苗

 酵素

 発明

 登記

 法人

 税務

 書類

 福祉

 HP指導

 PC指導

 写真

 

NNC東京

串間原発立地に関するアンケート

説明

アンケートフォーム

アンケート用紙

ダウンロード


・Profile・

ADMIN

miyazaki

kushima

man

gardening

welfare


SHOP

こちらから


コミュニティー

N N CSNS


NC会員

入会申込


NNC協力スタッフ登録

スマートフォン

スカイプ


 

Welcome! to

総合案内はこちら

 子どもたちのため

新規UP

 

 串間市民病院写真展

新規UP

 酵素効果

 サービス(アドバイス)

 ブログ




 Mother Teresa(マザーテレサ)の言葉  英語ナレーションビデオ

 

思考に気をつけなさい・・・・・それはいつか言葉になるから


言葉に気をつけなさい・・・・・それはいつか行動になるから


行動に気をつけなさい・・・・・それはいつか習慣になるから


習慣に気をつけなさい・・・・・それはいつか性格になるから


性格に気をつけなさい・・・・・それはいつか運命になるから


   マザーテレサ 日本語訳ナレーション

 ヒューマンファクトリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その真髄に迫り・・・その背景を探求する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 そこから見えるもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そこに・・・・・・・・・・・
この世に尊い命を受けた者の生きる証となる・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真の意味でのフロンティアスピリットが発現するだろう・・・・・・・T.Watanabe


ヒューマンファクターについて・・文章の読み上げソフトによるナレーション



古来より、安全は自己責任で確保するというのが安全衛生上の基本であっ
た。しかし、人間はエラーをする生き物ということで、20世紀後半以降に、機
械・設備を改良して安全性を補う考え方が普及していった。それでも安全性
を補うのは限界があるため、同時に人間自身が安全を意識し、安全を確保
するための技量を身につけることが啓蒙されて現在に至っている。

航空産業、装置・設備産業、運輸産業、製造業、医療といった、危険と隣り
合わせの業界において、ヒューマンエラーの問題に対する取り組みを積極
的に行い、有効な対策を積み重ねていったが、結局は「人間の問題」が最
後までついてまわった。ヒューマンエラーが事故に直結しないようにするた
め、人間の特性を分析して人間を中心にしたシステムを考えて構築すること
が求められている。(
それは人間信頼性工学と称される

ヒューマンファクターの概要

どんな対策を講じても、どんなに教育や訓練を受けたとしてもヒューマンエラ
ーを完全になくすことは不可能であるため、エラーと共存し、コントロールす
ることによって被害を最小限に抑えることを主眼に置いている。システムを構
成する要素のうち、それを運用する人間ほど信頼性の低いものはなく人間
に頼ることを第一とした安全対策は 脆弱であるという考えが前提である。

研究や分析が進むにつれ、その対象は「個人」だけでなく、「チーム」や「組
織」などの集団へと広がっている。

なお、ヒューマンエラーは、ヒューマンファクターの負の結果について述べた
ものであり、ヒューマンファクターの一部である。

エラーマネジメントについて

テキサス大学のR.Helmreichは、人間のエラーと共存し、その結果をコントロ
ールするという エラーマネージメントの理念について説明し、ヒューマンエラ
ーの対処を 三段階に考えた。

@潜在的な危険を予測し、エラーを未然に防止する。(状況認識、認識の共
有)

Aエラーが出うる状況を発見した時は速やかに指摘し、エラーを出さない環
境へ修正を行う。(正しいコミュニケーションや和やかな雰囲気作り、職場の
環境改善、適切な権威勾配・リーダーシップ)

Bエラーを発見したときは被害が拡大する前に速やかに処理する。

スレットマネージメントについて

スレットは、エラーを誘発する要素であり、要素に対して不適切な対応をとる
とエラーを誘発し、エラーマネージメントをより困難にする。スレットは大きく
分けて2つあり、

@潜在的スレット:国民的文化、組織文化、職業文化、過密スケジュール、
理解できない曖昧な方針など。

A顕在的スレット:環境要因、組織要因、個人的要因、チームの要因など。
(評価されない、急がされる、集中できない、批判される、プレッシャー、疲
労、ストレス、焦り等)が挙げられる。

スレットマネージメントは3つのステップがあります。

@見つける : 適度な警戒心をもって監視を行い、スレットを発見したらその
影響を予測する。

A避ける : 発見したスレットに対してどのように対処するか、仲間・同僚間で
認識を共有する。

Bとらわれない : 突然に発生 発見したスレットに対してはそのことにとらわ
れないで重要であるかどうかを見定める。

スレットによるエラーを回避する具体的解決策としては、

@自分自身がスレットを作り出さない。

A他人からの指摘を素直に受け入れる。

B他の人の作業を適正に評価し無意味な批判をしない。

Cある決定や行動を行った後は反省する。

D避けられないスレットはその存在を明確にする。

リスクマネージメント

リスクマネジーメントは潜在化しているリスクを発見・明確化し、エラーが発生
した場合の損失などの回避・低減をはかるための管理手法。複数のリスクを
抱えている場合はそれらを分析することにより対応の順番と適切な対策方法
を見出すことが必要です。

考え方は大きく分けて2つあり、システムの構築前と運用・稼動開始後に分け
られる。前者は システムを構築するに当たり、想定できるリスクを見出してそ
れらの回避をはかる事を目的とし、後者はシステム運用開始後に潜在化さ
れたリスクの低減を目的としています。

知識の蓄積

ヒューマンエラーを減らすためにはシステムに携わる人間のそれに対する知
識が一定以上は必要であるということ。その知識は教育と訓練によって蓄積
され、資格の取得によってある程度担保されます。

解説

組織の運営と活動の中で、その一角を成す個人それぞれを、どのような観
点から捉えるかで、その後の展開に大きな差が生じます。

組織活動の目標そのものがプロジェクトであるとするなら、それを達成する 
ためには一定のルールに沿って、一つひとつの課題を確実にクリアしていく
必要があります。

そして、その原点となるのが、組織を動かす一人ひとりの意識です。その意
識の集団が組織であり、その健全運営を目指す基本は、円滑な人間関係に
あります。次の章では具体的な例を挙げて、プロジェクトを達成するための
方策を探求します。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kotohaji/HF/HF2nd/chapter_2nd_6.html

                                           次ページへ

 



ビデオ募集中

 NNCサイトでは、提供されたビデオを10〜15分に編集して配信します。

 各地区でのイベントや活動情報などのビデオをDVDでお送り下さい。

  

 自らのホームページを運営されている方は、ビデオをアップしている

 ページのURLをメールでお知らせ下さい。

 

※上記の方法とは別に、皆さんが直接ユーチューブにアップされたビデオ

  のURLをメールでお知らせ下さい(推奨) このサイトで紹介します。


※また、プレゼン形式で作成したビデオでも配信します。

  容量の大きいファイルでなければ、直接WEBにアップできるので、

  そのURLをメールでお知らせ下さい。

  

◎ビデオ(DVDなど)の送付先

 888−0001

 宮崎県串間市西方1380  

 南九ネットシティ 宛


◎URLを紹介する場合

 メールはこちらからお願いします            Yahooメール設定 

連絡網site

携帯申請↑

連絡網PC申請

みんなでつくる


串間情報













ヤフー地図 






































































 先頭に戻る

・ この Web サイトに関する質問などについては[南九ネットシティINFOメール」までご連絡ください。 質問フォーム

Copyright (C) 2014 WGC Corporation .Nankyu Net City (NNC)   All Rights Reserved.