酵素効果

 最後まで全て読んでいただき充分ご理解下さい。誤解のないように。

 私が長年に渡り、種苗生産販売に取り組み、そのなかで、安全でおいしい野菜の生産に向けた諸々の研究を行ってまいりました。

 そして多くの効果的な方法を見出しました。そのなかでも、簡単に取り入れることができ且つ大きな効果のある方法が栽培のあらゆる場面で酵素を活用することです。

ここでは、そんな酵素の利用法について説明したいと思います。

 まず酵素とは何か? 下記のサイトでご覧下さい。

 酵素の詳細説明 こちらから

 次に実際東北の企業が運営しているサイトから酵素風呂の現状をご覧下さい。

 ここで記載されている効果は実証されていて信頼できます。

 私は酵素を米ぬかで培養(発酵)し、それにヒノキの鋸くずを同量〜2倍混入し再発酵させたものを、足湯として、また生ごみに混ぜて再々発酵用として利用するということで、お勧めするというものです。


 酵素風呂のサイト こちらから

 酵素には飲料(服用)用もあります。これが酵素が人体に不可欠である点と安心なものである証になります。下記は内服用玄米酵素の無料サンプルです。

無料サンプルを提供するということは効果に自信があるからできることです。


 玄米酵素無料   こちらから 

 ただし無料サンプルを利用しても。その後購入する義務はありません。

 効果を認識されるか、しばらく飲んでみようと思われる方だけご注文下さい。

 二段目に記載している、米ぬか培養の元になる米ぬか発酵体(米ぬかベースについては、200円+送料の着払いで送ることができます。(無料だと関係ない人からも多数要求があった場合、量に限りがあり対応不可能になるためです)

 送る量は500グラムです。Uパックの送料分に200円だけプラスして下さい。

 この量を、最初に米ぬか20キログラムと混ぜ、夏季で1週間、冬季で2週間発酵させその後乾燥させて約1kgに小分けして、それをまとめて大きな袋に入れ保存します。次に作るときは、これが親菌にとして使用できます。

 ここからメールでお申し込み下さい。またはツイーターのアカウントにDMを送信して下さい、 ツイーターアカウント nnc888   または irukarando へ発酵方法と利用方法は説明書を同封いたします。

※米ぬかとヒノキの鋸くずは現地で確保しておいて下さい。

 各家庭では一袋あればいくらでも増やすことができるので、米ぬかとヒノキの鋸くずは、いくらあっても構いません。

 水分60%の状態で、一日1〜2回混合すれば、2日目から発酵(発熱)が始まり約60〜70度Cの熱が発生します。この状態で、足湯や生ごみの再発酵用としても利用できますが、米ぬかの匂いがするので、それにヒノキの鋸くずを混入して再発酵させると理想的な発酵床ができます。

 大量に作ると全身温浴用になりますが、長さ120×幅70cmで高さが80cm程度の容器が必要です。板で作られる場合はヒノキをお勧めします。

 足湯は一回10分で充分。また携帯トイレの混入剤としてアンモニア瞬間分解作用があり、臭いもせず実際に多くの人々が使用され大変喜ばれています。

 他の人が利用した後、そのまま利用しても雑菌や汗は瞬間に分解されるのでたとえ皮膚病があっても全く問題ありません。花粉症改善効果もあるみたいです。

 軽い皮膚病(水虫など)は一発で改善します。効果のほどは使えば使うほど解かります。手に擦り込むと手が全く荒れません。それどころが皮膚がすべすべになって手肌美人になれます。(昔は米ぬか袋を石鹸の代わりに使っていましたよね)また、ぬか床も何十年と温存して使い続けている家庭も多くあります。

 ぬか漬けも立派な酵素食品です。味噌もそうです。東北地方の家庭でも使われ続けていることと思います。

 未開地(アフリカ)のエイズ対策でも効果があるとの報告もなされています。

 知人の活動  http://kirakira.hida-ch.com/e199221.html

 紹介ブログ  こちらから

 東北原発に関する放射能が問題になっています。それに対してはここで記載できませんので、皆さんで期待的判断をしていただきたいと思います。

※ここまで記述しましたが、この内容を信じていただける方だけ、ご連絡下さい。

 ご連絡をお待ちしています。

 メールはこちら


 050-5534-8827  ※スカイプ電話で受信専用(携帯・一般電話からOK)                                常時対応はできないのでメールでの予約が必要です。

 スカイプ通話  netpaso888   ※PC/スマフォでメッセージを送信して下さい。

 サービスページへ戻る                         HOME


Master Support Series 

支援サービス                                            HOME

農業  種苗  酵素  発明  登記  法人  税務  書類  福祉  H P  P C  写真  相談WEBB