福祉

 福祉に関する範囲としては、大局的には、高齢者福祉、障がい者、生活保護者の三部門になります。そのなかでマスターの分野は障がい者になります。

 障害区分には知的、精神、身体とありますが、近年は幼児から学童期における早期発達障害に対する支援の必要性が注目されるようになりました。

 障害者支援に関しては、就労継続支援B型に関する支援に必要なファイルのシステムを作成しています。これにより、障害者20人程度の規模であれば、確実に、事務員一人は減らすことができると思われるものです。

 また、グループホームや、障害者を引き受ける事業所に対する助成事業についてもいろいろとアドバイスできると思います。

※障がい者に関わる際に、これだけはくれぐれもご注意下さい。 障がい者が社会の一員として参加する際によく使われる言葉として、「ノーマライゼーション」がありますが、その意味は、「障がい者を特別視したり,特別扱いをするのでなく,平等に扱かわれ,かつ一般の社会で普通の生活が送れることを趣旨とする考え方」です。

 しかし、日本社会における障がい者への対応は、あらゆる面で不完全といえます。その最たるものが、一般人が障がい者に深く関わろうとすると、必ずといってよいほど障がい者の関連施設の誰かが警鐘を鳴らすことです。

 確かに、障がい者をターゲットにした犯罪も後を立ちません。 しかし考えるべは家族や親戚のなかにも障がい者年金を当てにした搾取まがいの行為があるということです。

 要は、資格を持たない者は、一時的な手助けの後は専門家に委ねることが利口なやり方です。理不尽だと思われることもあるでしょうが、それが現実です。

 近い将来、本来のノーマライゼーションの意味に沿った対応が自然にできるような社会になることを願っています。



 メールはこちら


 050-5534-8827  ※スカイプ電話で受信専用(携帯・一般電話からOK)                                常時対応はできないのでメールでの予約が必要です。

 スカイプ通話  netpaso888   ※PC/スマフォでメッセージを送信して下さい。


 サービスページへ戻る                         HOME


Master Support Series

支援サービス                                            HOME

農業  種苗  酵素  発明  登記  法人  税務  書類  福祉  H P  P C  写真  相談WEB                        HOME