串間原発立地アンケート        s参考にして下さい     投票はこちらから      HOME

Tweet    寄せられたご意見はこちら   原発立地に関する掲示板を設置しました → 掲示板

※串間市の原発立地を問う住民投票は見送りになりました。

平成23年4月10日に宮崎県串間市で原発立地の賛否を問う住民投票が行われる予定
でしたが、3月11日の東北関東大震災の発生で大津波が襲来したこともあり、福島原発
で事故が相次いだことから、予定されていた住民投票が見送りになりました。

当初、住民投票に向けた意識調査の目的でのアンケートでしたが、NNC では今後引き続
き民間サイドからのアンケートを実施することになりました。

以下の目的については変更ありません。

宮崎県串間市。九州宮崎県の最南端に位置し、主な観光地としては国定公園日南海岸
線にある、野生馬の都井岬、文化猿の幸島、サーフィンの恋ケ浦などです。また経済の主
流を成すのが日本一の生産量を誇る寿かんしょ(紅イモ)を主とする農業になります。

    

現在の人口は20.270人とピーク時の65%になり、60歳以上が9.000人に達する超
高齢化に加え、安定雇用の基盤となるべき事業所が福祉関連を除き著しく少ないことか
ら、隣接する市に働く場所を求めている現状です。

また、相次ぐ市町村合併の流れに逆らい、自立を選択してきたことから、合併を終えた日
南市、都城市、鹿児島県志布志市に囲まれた孤立地域になっています。その大きな原因
が、一期四年ごとに首長が代わってきた市政により、市民を含めた地方自治の統一テー
マを企画実践することができなかったことです。

紙パルプ、港湾整備と相次いで反対してきたあとの約18年前(平成5年)に九州電力から
串間市に原発立地の打診がありました。その後海岸線にある荒磯周辺で適地調査が行
われたと聞かされていましたが、これについては噂の領域で実たる確証がないということ
です。その動向については平成7年に行われた市議会議員選挙において原発立地に反
対する議員が全体の60%以上を得票して多数当選を決めたことが決定要因となり、数年
後に九州電力が撤退したというものでした。

それから10数年、前述のように串間の経済状態は更に衰退したことにより、以前は反対
の立場にあった農家からも、背に腹は代えられないということで原発やむを得ずという言
葉が聞かれるようになりました。

そのような中で、昨年(平成22年)7月に新市長が誕生したことと、住民投票条例の取扱
が議会の争点になったこと、今年4月に統一地方選挙が行われることなどが契機となり、
12月市議会において、平成23年4月10日の県議選と同日に住民投票を行うことが決ま
りました。

そしてその概要が明らかになり、投票は串間市内に居住する成人を対象とし、原発立地
に賛成か、反対かに〇をつける方式で行われるということです。

しかし、この方式だと、未来を担う青少年(10歳、または中学生以上)の意向は全く反映さ
れず、また投票内容の詳細(性別、年代、職業、賛成反対に対する強さの程度)が解りま
せん。充分な説明が成されないままの二者択一の方式では、市民の決断に戸惑いが生じ
ることにもなります。

 右が賛成 左が反対 どちらかに〇をつけるだけ

それと、近隣市町村をはじめとする市県外の人々の意向、意見にも耳を貸す必要があり
ます。そうでないと、賛成が多かった場合には全国がら反対する人々が参集することも考
えられ、それでなくてもこれまで政争の激しかった地域の体質が再燃し、市民の気持ちを
更に分断することになります。

超高齢化と経済状況の困窮から、一時の停滞も許されない状況にあるなかで、原発紛争
による空白は避けなければなりません。原発反対の結果がでた場合には、市民が一体と
なって地域再興を図ることも必要になります。それができなければ、串間というより、この
地域の存続は不可能となり、たとえ吸収合併されたとしても今後長年に渡り、経済貧窮孤
島の状態が続くと思われます。

串間市は自然に価値観を求める人々にとっては魅力ある地域とされています。そこから2
1世紀型の地域創生の可能性を見出し、経済効果に結びつく企画実践が成されれば、原
発立地に頼らずとも自立への道が開けていくことでしょう。

しかし、市民一体となった取り組みができなければ、いくらかの不安を引きずりながらも、
原発を立地して、一時的にでも市民の負担がある程度軽減されることを期待しつつ、あく
まで受け身の気持ちで少しでも楽な道を選択するしかないでしょう。

NNCから発信するメッセージにはもう一つの意味があります。それは、企業戦士として第
一線で活躍されている人々のなかで、都会や組織のメカニズムに生きる価値観を見出せ
ずに何らかの方向性を模索している方がありましたら、是非ここ串間を訪れていただき、
そこから創造への可能性を企図する原動力になって欲しいというものです。

また、串間を出身とする方、串間に関係ある方、それ以外の全国から、地域の再興にお
ける想いのある方にも、ご提案やご意見をお願いします。そこから多くのヒントを見出すこ
とが適えば、それを元にして原発についての普遍的な選択基準を策定したいと思います。

原発立地や地域づくりについての掲示板を設置しています。

薩摩川内市原子力発電所情報      佐賀県玄海町原子力発電所情報

 

アンケートのフォーム     ここでは投票できません    投票はこちらから

A選択・入力して、「確認画面へ」送信します。 確認したら「送信」をクリックします。

B投票完了のページが開いて下記のグラフを見ることができます。(棒グラフもあります)

  但し、このグラフは重複データが含まれている場合は正確ではありません。

  また、串間市内に居住する人々以外の投票も含まれたものになります。

  フィルタリングで重複データを除外した集計結果は10日ごとにHPで公します。

 

投票完了ページ

 

下記の一覧表が表示されます (管理者のみ)

 

アンケートの一覧表

 

個人ごとの投票内容も表示されます。最下段のIPアドレスとUA情報で重複をフィルタリングします。(管理者のみ)

 

個人ごとの投票内容

下記のCSVデータによりエクセルで項目ごとの集計が簡単にできます。

 

CSVデータのダウンロードによるエクセルファイル

エクセル(xls)形式で表示できることにより、全ての項目の集計ができます。複数回答の場合も「/」で区切ら

れていることから、分割して単独セル列として表示でき、それによりアンケートの内容を完全に集計すること

ができます。

 

HOME